NEWSお知らせ

浮気した妻(夫)と再構築する方法|成功事例と失敗する原因

パートナーの浮気が発覚して、離婚ではなく「再構築」を選んだ方は、浮気された心の傷と向き合いながら夫婦関係を修復していかなければいけません。

しかし、浮気された瞬間の深い心の傷は簡単に癒えることなく「フラッシュバック」というかたちで苦しむかもしれません。

今回は、浮気の原因や、浮気されても離婚せずに再構築するためのポイントを詳しく解説します。

パートナーの浮気で、これからの身の振り方にお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

浮気された原因とは

healing-a-relationship-001

パートナーが浮気に走る原因は、このようなものがあげられます。

夫・妻に魅力がなくなった

結婚後、何年も経過してくると、パートナーの事を男性・女性として見れなくなり、子どもの父親・母親やただの同居人などという認識になってしまうことも少なくありません。とても残念ですが、男女どちらにもいえることなのではないでしょうか。

このようになってしまうと、普段からときめくことも減ってしまい、浮気に走ってしまいます。

セックスレスだった

前項の「パートナーに魅力がなくなった」と似たような理由ではありますが、異性として見れなくなってしまうと、一気にセックスレスになってしまうことでしょう。

夫婦仲が上手くいっていないことも原因のひとつかもしれません。

また、セックスレスになるタイミングとしては、妊娠や出産後に女性の体型が崩れてしまうこと、産後のホルモンバランスが崩れてその気になれなくなってしまうことなどもよく聞くのではないでしょうか。

この流れのまま、自然になくなってしまうことも多いでようです。
男性はこのタイミングで浮気に走ってしまいやすいですが、妻からすると本当に大変な時期に協力してくれない夫と感じて、どんどん夫婦関係にヒビが入ってしまうことでしょう。

刺激がほしかった

「刺激が欲しかった」というのは、マンネリ化してしまった夫婦に多い理由のひとつです。

長年連れ添ったパートナーにときめくこともなくなってしまい、お互いに刺激のある異性に惹かれてしまうことも考えられます。

単なる遊びだった

結婚している男性に言い寄る、若い女性社員も少なくないようです。

やはり、結婚していると女性への気遣いもできて、年下の女性からは好印象なようです。

男性としても、若い女性に言い寄られてしまったら、流れでそのまま…と、簡単に不倫関係に発展してしまうことでしょう。

再構築のメリット

healing-a-relationship-002

パートナーの浮気が発覚して、まず考えることが「離婚」と「再構築」どちらを選択するか、ではないでしょうか。
もちろん、どちらも間違った選択ではありませんが、感情的になって勢いだけで離婚を決めてしまうことはよくありません。

ここでは、再構築を選ぶメリットを解説します。

今まで通りの生活が送れる

パートナーの浮気が発覚する以前に何の不自由もない生活を送っていたのであれば、勢いだけで離婚を決めてしまうのはとても危険です。

どのような原因であれ、離婚するということは、今まで暮らしていた家を離れ、1から生活をスタートさせるということです。

部屋を準備して家具家電一式そろえるだけでも大変ですが、離婚手続きに合わせて子どもの戸籍や住民票の異動、転校手続きなど…離婚で精神が不安定な状態でこれだけのことをこなすのはとても大変なことになります。

示談でなければ、離婚や慰謝料請求の裁判も同時に進行しなければなりません。


また、子どものメンタルケアも必要になるため、離婚を選択するのは一度再構築に挑戦してからでも遅くはありません。

子どもの生活環境が変わらない

先にもお伝えしたとおり、離婚を選択した場合には子どもの生活環境が大きく変化してしまいます。
転校しなかったとしても苗字が変わったり、良くないうわさが立ってしまうことも珍しくありません。


再構築を選択することで、子どもの環境や人間関係の変化を最小限に抑えられます

経済的な心配がない

パートナーの浮気で、離婚したい気持ちはあっても経済的な理由で離婚に踏み出せない女性も少なくありません。

パートナーの浮気が原因で、確実な証拠があれば慰謝料請求は可能ですが、そのお金だけでは生活していくことは難しいかもしれません。シングルマザーの平均年収と子育てでかかる費用を考えると、非常に厳しいご家庭が多いのも現実です。

児童手当や児童扶養手当、医療費助成制度などの補助はあるものの、満額支給されてもそれだけで子どもと生活していくことは厳しいでしょう。

このような事情から、子どもが自立するまでにご自身も経済的に自立できる準備期間とし、それまでは「再構築に挑戦する」という考え方も良いのではないでしょうか。

もちろん、それまでの期間で再構築が成功することも考えられますし、経済的に問題なければいつでも離婚できるという切り札を持っているだけでも気持ち的に少しは楽に過ごしていけるでしょう。

再構築を成功させる方法

healing-a-relationship-003

パートナーの浮気を知ってしまい、それでも離婚せずに夫婦仲を再構築していくことは、そんなに簡単なことではありません。

ここでは、夫婦仲を再構築するにあたり、注意したいことについて解説します。

再構築は容易ではないと理解しておく

再構築は、考えているよりはるかに難しいことが多いです。
今まで通りの生活に戻ったとしても、浮気された側は何度もフラッシュバックに悩まされたり、仕事と出かけて行ったパートナーがまた浮気したらと心配でいてもたっていられなかったりと、様々な不安が押し寄せてくることでしょう。

このように、表面上はうまくいっているように思えても、心のどこかで不安な気持ちが残ってしまいます。

もしかしたら、この不安をパートナーに怒りとしてぶつけてしまうこともあるでしょう。
パートナーには、そのことを十分理解しておいてもらう必要があります。

再構築は「簡単ではない」と、お互いに覚悟を決めて、同じ苦しさを一緒に乗り越えていける協力者になることが大切です。

誓約書を作成する

いくら離婚しないとはいえ、口約束では浮気の再発が心配ではないでしょうか。
再構築は、信じようと決めても疑ってしまったり、様々な気持ちが渦巻いてしまうことでしょう。

浮気の再発防止・離婚しないための約束というような内容で誓約書を作成しておけば、浮気の抑制にもなりますし、気持ち的にも安心できる材料になるのではないでしょうか。


・もう二度と浮気しません。
・次に浮気したときには慰謝料として○○万円支払って離婚します。
・財産分与は全て放棄します。
・親権は譲ります。
・養育費として毎月○万円お支払いします。


このような内容が一般的ですが、絶対に譲れない条件があれば必ず記入しておきましょう。

ただ「約束」するだけでなく、この約束を守り、二度と浮気しないことが重要です。

再構築の選択は自分で決める

離婚か再構築かは、お互いに本音で話し合う必要がありますが、最終的に再構築を選択するのであれば、「自分で選択した」という気持ちを持っておくことが大切です。

パートナーが「離婚したくない」と言ったから、子どものためだけに、などを再構築の理由にし、自分の気持ちを抑えてしまっていませんか?


しかし、このように選択することで事あるごとに浮気を疑ってしまいますし、うまくいかないことも全て相手のせいにしてしまいます。

落ち込むたびに「あの時あなたが浮気したから…」など、パートナーを責めてしまっては、うまくいくものもいかなくなってしまいます。

「再構築は自分で決めた」と考えることで、相手を責めてしまうことも少なくなるでしょう。

浮気の話題を出さない

healing-a-relationship-004

浮気の話し合いが済み、再構築を決めたのであれば、過去の浮気の話題は出さないように注意しましょう。

再構築すると決めたのに、「あの時浮気したから」と脅迫のように、パートナーを言いなりに動くようにコントロールしようとする人も、実は少なくないのです。


そのような行動はパートナーを追いつめてしまい、どんどん夫婦としての気持ちが離れてしまいます。


浮気したパートナーが原因ではありますが、再構築を決めたのであれば、追いつめるような発言は控えたいですね。
苦しいときには、以下のような方法で伝えると良いでしょう。

フラッシュバックは冷静に伝える

浮気された側は、何度も思い出してはフラッシュバックに苦しむこともあるでしょう。
長い人では、何年も苦しむかもしれません。

このような時にパートナーを責めたくなてしまいますが、ひとまず深呼吸して落ち着きましょう。


フラッシュバックのたびに相手を責めても、今後の幸せにはつながりません。


辛い気持ちは、落ち着いた状態で相手に伝わるように「今はこういう気持ちになってしまって辛い」とわかるように伝えることが大切です。

「夫婦なんだから、浮気をした方が悪い!」

と考えがちですし、確かにそうなのですが、過去に起こってしまった現実は変えることはできません。


変えることのできない過去のことで何度も責められてしまっても対処できませんから、冷静に気持ちを伝えるように心がけましょう。

コミュニケーションをとる

浮気の最大の原因は「コミュニケーション不足」です。

コミュニケーションが不足すると、お互いが「必要とされていない」などと寂しくなって浮気の原因が増えてしまいます。

例えば、毎日一度は10分でも二人の時間をつくったり、一日の報告を伝え合うなどもコミュニケーションの一環です。

こうすることで、浮気を疑う気持ちも落ち着き、夫婦関係は修復されていきます。

再構築で失敗する原因

healing-a-relationship-005

何度も「再構築は簡単ではない」とお伝えしていますが、再構築が上手く進まないのは以下のような行動をとってしまうことがあげられます。

この行動について解説していきましょう。

何度も浮気を責めてしまう

特に夫が浮気したときの再構築では、妻がフラッシュバックのたびに夫を責めてしまうことがあるようです。

夫の浮気で再構築し、妻からずっと責められてしまうため、夫が苦しくなって離婚を切り出す…。
実はこのケースも非常に多いのです。

気持ちが落ちるたびに過去の変えられない失敗を責め続けられても、苦しくなってしまうばかりです。

再構築の成功事例

healing-a-relationship-006

再構築でお悩みの方の相談に、とても素敵な回答を見つけました。

夫の浮気後に再構築された方。 その後は平和ですか? それともほとぼりが冷めた頃にまた浮気されましたか? 2年前に夫が浮気をしましたが、再構築しました。トラウマになり、数ヶ月に一 度ですがフラッシュバックがひどい時期があります。もし次があれば必ず離婚するつもりですが、ないことを祈ってしまいます。期待しないのが精神衛生上良いのでしょうが…。 今夫は浮気しているようには見えないのですが、疑いの目で見ると全てが怪しく見えてしまうのです。そんな自分がしんどいです。2年経ち、毎日辛いという日々は脱しましたが、ここ数日また落ちています。再構築するということは、こういう苦しみも承知の上ではあったのですが… 心の持ちようを教えてください。

出典:yahoo知恵袋

こちらの相談への回答がこちらです。

こんにちは。
私の旦那の浮気は今からちょうど10カ月ほど前ですね…。
今現在、まさに再構築中です。笑

私の場合は、2週間に一度位のペースで気持ちがドン底に落ちる時があります。
旦那はなんにも変わらず、むしろ発覚以降は、私の事を本当に愛してくれ、全くの不安や不満もないはずなのに、私の気持ちは落ちるんです。
そんな時は、思ってもいない事、例えば、浮気相手と会ってるんじゃないの?とか、連絡待ってんじゃないの?とか。。旦那に吐きまくって、余計に自分の気持ちを落としてしまうのです。

でも、それでいいと思ってます!
だから旦那には説明します。
今すごく気持ちが不安定なんだってこと。今私に、いっぱいまた、不安が押し寄せて、あなたが仕事の合間に彼女と会ってるんじゃないかとか、また浮気してるんじゃないかとか、たくさん疑ってしまうってことを、旦那に話します。

うちは、再構築に当たって、旦那に、これから先不安が何度も何度もやってきて、その都度あなたを責めることがあるかもしれないけど、耐えれる?って尋ねた時に、自分が悪いことしたんだから、一生償うためにも我慢できる!って断言してくれましたので、たびたびこんな事が起こっても、その都度すべての不安をクリアにしてくれ、ギュッと抱きしめてくれます。
そんなに優しいのに、なんで浮気したの!?って、何度も泣きながらいまだに旦那を責めます…笑

再構築したからって、許すわけではありません。忘れようとも思いません。私自身の記憶が薄くなっていくだけなんです。だから、私の記憶がハッキリしている限りは、気持ちも落ちますし、旦那を責めてしまう。
この回数が、一年一年少なくなっていけば、また昔みたいになれるのかな~!

今、私が思うことです。
長文で失礼しました。

旦那さんのこと好きですか?
私は大好きです。こんな事されたのにね。。泣
一緒に笑って振り返れる時が来るといいですね(^^)

出典:yahoo知恵袋

このように、再構築が上手く進んでいてもフラッシュバックに悩まされたり、気持ちが落ち着くのには何年もの時間がかかります。

ただ、いちばん大切な「好き」という気持ちがない限り、再構築は本当に難しいと覚悟しておく必要はありそうですね。

離婚したほうが良いケース

healing-a-relationship-007

先の経験談でもあったように、再構築は簡単ではありませんが、離婚したほうがお互いに良い選択という場合もあります。

それは、浮気癖が直らずに何度も繰り返してしまうケースです。

繰り返さない人は一度目の発覚で目を覚ませますが、繰り返す人はそうではありません。
スキをつくって、また浮気を繰り返してしまいます。

パートナーの浮気に対し「いつものこと」と、浮気公認の夫婦になれるのであればよいですが、浮気で精神的に辛くなってしまうのであれば、証拠をそろえて慰謝料請求・離婚請求することも可能です。

浮気された場合の慰謝料の相場としては50万円~300万円と幅広く設定されていますが、度重なる浮気が原因で「離婚」となると比較的高額の慰謝料が請求できる可能性があります。

まとめ

healing-a-relationship-008

再構築を成功させるためには、浮気した側だけでなくされた側も、お互いの気持ちに向き合っていかなければいけません。

フラッシュバックのたびに怒りをぶつけたくなってしまいますが、ただ感情的になっていても解決にはつながりません。

お互いの気持ちに寄り添うことで、再構築も成功に近づくのではないでしょうか。

また、再構築と決めていなくても、浮気の証拠と慰謝料請求を切り札に、次は離婚すると決めて一緒に過ごすことも良いかもしれません。

その場合には、確実な証拠を手に入れたうえで、離婚後の生活ができる準備も必要です。

最終的には、自分が納得いく選択ができると良いのではないでしょうか。

浮気調査は総合探偵社EDITHへご相談ください

今回は再構築を成功させるポイントについて解説しました。

①再構築は簡単ではないとお互いに認識しておく
②誓約書を作成しておく
③定期的にコミュニケーションをとる
④再構築は自分で決断する
⑤ 浮気の話題を蒸し返さない
⑥フラッシュバックは感情的にならずに冷静に伝える


このようなことを意識すると、再構築の苦しさもお互いに緩和されて穏やかな生活に近づいていくのではないでしょうか。

一方で、いつ離婚しても良いような準備が必要な場合もあるかもしれません。

慰謝料を請求するためには、確実な証拠を持っておく必要があります。

福岡県北九州市にオフィスを構える総合探偵社EDITHは、浮気調査を得意とする探偵事務所です。
張り込みや尾行・GPS調査などによって裁判で有利になれる証拠を確実に掴むことができます。

成功報酬型なので、万が一証拠が掴めなかった場合の調査費用は一切必要ありません。

24時間いつでもご相談いただけるので、まずはお気軽にご相談ください。

総合探偵社EDITH

Copyright 2020 edith-office All Rights Reserved.