NEWSお知らせ

GPSを使った浮気調査は違法?プロの探偵に依頼した方がいい理由

「パートナーの居場所を知りたい!」
「鞄の中にGPS仕込んでみよう」
パートナーに怪しい行動がみられたら、こんな風に思ってしまいませんか?

探偵社のサイトを見ても、よくGPSで浮気調査と書いてあるのを見かけますよね。
実は、「簡単に調べられるなら」と軽い気持ちでGPSを使って、失敗してしまうことはよくあるんです。

GPSを使った浮気調査は一歩間違えれば法に抵触してしまい、あなたが訴えられるリスクがある危険な行為です。

この記事では、GPSを使った浮気調査が違法になるケースについて詳しく解説します。
パートナーの行動をどうしても知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

違法にならないGPSの設置場所

cheating-investigation-gps-001

GPSを使用すれば、相手がどこにいるのかすぐに分かり、浮気の証拠を簡単に掴めるかもしれません。
しかし、GPSは設置して良い場所と設置してはいけない場所があります。

基本的には「自分の所有物」だけが設置可能ということを覚えておいてください。
その「所有物」について、さらに詳しく解説していきましょう。

夫婦共有財産の自家用車だけが取り付け可能

先ほどお伝えしたとおり、GPSの設置が可能なのは「自分の所有物」だけになります。
そのため、夫婦共有の自家用車であれば「自分の持ち物の管理のためにGPSを設置する」という解釈のため、GPSを設置しても罪に問われる心配はありません。

車内にGPSを設置する場合、いちばんのリスクはパートナーに見つかってしまうことです。
GPSの設置や浮気調査に気付かれてしまったら、確実な証拠を掴めなくなってしまうかもしれません。

おすすめの設置場所はこちらの記事で詳しく解説しています。

GPSの安全な設置場所はこちら

GPSが違法となる設置場所

cheating-investigation-gps-002

前項で、夫婦共有の自家用車であれば設置可能と解説しました。
しかし、実際に浮気が怪しいと感じた場合、自家用車だけの調査では安心できませんよね。

とはいえ、その他の設置場所は違法調査となり、懲役や罰金の対象になることがあります。
また、違法で入手した証拠は裁判で使えないうえに、「自分が違法行為をした」という証拠を残してしまうことになります。

ここでは、陥りがちな違法の設置場所を解説します。

パートナー個人の所有物

「自家用車が良いのなら、鞄の中でもいいのでは…?」
なんて思ってしまいますが、パートナー個人の所有物である鞄の中は違法調査にあたります。

自家用車だけの設置では、タクシーや浮気相手の車で移動してしまえば追跡できなくなってしまいますが、残念ながら鞄の中にGPSを設置することはできません。

また、パートナーに気付かれるリスクも高すぎておすすめできない設置場所になります。

浮気相手の車

浮気相手の車で移動することが多いと予想される場合、浮気相手の車にGPSを設置できればいちばん効率が良いのですが、こちらも残念ながらそうはいきません。

先ほどもお伝えしたとおり、夫婦共有の場所以外の設置は違法になる可能性が非常に高いです。

浮気相手の車にGPSを設置した場合には「プライバシーの侵害」や「器物損壊」、「ストーカー規制法」などに抵触し、訴えられるリスクを伴います。

パートナーが利用している社用車

cheating-investigation-gps-003

パートナーが、会社から貸与されている社用車もGPSを設置できません。

出勤時だけでなく休日の利用が許可されていても、夫婦共有財産ではなく、あくまでも「会社の車」になります。

社用車にGPSを設置してしまうと、「ストーカー規制法」や「器物損壊」等で罪に問われる可能性があるため注意しましょう。

パートナーのスマホにGPSアプリを入れる

最近ではスマートフォンの精度もかなり良くなっており、パートナーのスマホに位置情報を共有できるアプリを入れようと考えている方も多いのではないでしょうか。

スマホで居場所をチェックできれば、すぐに浮気の証拠を掴めるかもしれません。

しかし、所有者に無断でスマホにアプリを入れるという行為は「不正指令電磁的記録に関する罪」として訴えることができる違法行為です。

また、アプリを入れるためやLINEをチェックするためであっても、ロックされているスマホやパソコンを所有者に無断で開くことは「不正アクセス禁止法」で罰せられる対象となります。

探偵に全て任せる

夫婦共有財産である自家用車にGPSを設置する際、あなたの許可があったとしても、探偵だけでGPSを設置することはできません。

自家用車へのGPSの設置は、所有者が自分の所有物を管理するという意味合いで設置するため、探偵が浮気調査のために設置したとなると法に抵触する行為となります。

そのため、探偵に依頼していても、自分で設置する、または探偵と一緒に設置することになります。

浮気調査でGPSを利用するリスク

cheating-investigation-gps-004

パートナーの浮気の証拠を掴むためにGPSを使用する方も多いですが、一歩間違ってしまうと大きな問題に発展してしまうリスクがあります。

特に、ここで解説する「パートナーに気付かれるリスク」「法に抵触するリスク」の2点は、しっかりと理解したうえで注意して進めましょう。

パートナーに見つかってしまう可能性がある

パートナーの浮気でも、あなたが浮気しているか調べていることはパートナーに気付かれないように注意が必要です。

パートナーに気付かれてしまっては、これまでの浮気の証拠は隠されてしまい、今後も浮気があったと確実に分かる証拠を見つけられなくなってしまいます。

また、浮気を疑われていると気付かれてしまうことで、思うようにことが運べなくなってしまうことが懸念されます。
自分で浮気調査する際には、パートナーに気付かれないよう十分に注意しましょう。

位置情報だけでは確実な証拠にはならない

パートナーが乗っていった自家用車がたとえラブホテルに停車していたとしても、位置情報の証拠だけでは「浮気があったという証拠にはなりません。

あくまでも位置情報の取得は、居場所を調べて証拠を掴むための手段でしかありません。

確実な証拠になるものとしては、ラブホテルに出入りする写真や不貞行為があったと分かる写真、音声などが必要です。

これらの証拠をひとりで掴もうと思っても、顔が分かるような写真が撮れなかったり、音声では相手が特定できなかったりと、非常に困難です。

GPSでは日々の行動パターンや浮気相手の自宅、よく訪れる場所などを特定しておき、実際に証拠写真を撮影する部分は探偵に任せるといった調査方法も可能です。

違法調査の可能性がある

何度もお伝えしていますが、夫婦共有の自家用車だけが唯一のGPSの設置可能場所です。
その他の場所に設置した場合、以下の罪として罰せられる可能性があります。

  • ✓不正アクセス禁止法
  • ✓器物損壊
  • ✓不正指令電磁的記録に関する罪
  • ✓プライバシーの侵害


このような法に抵触してしまうことで、パートナーの浮気が原因であってもあなたが罪を犯すことになってしまいます。

【不正アクセス禁止法】
パートナーのスマホを無断でロック解除して確認した
3年以下の懲役または100万円以下の罰金

【不正指令電磁的記録に関する罪】
パートナーのスマホに無断でアプリをインストールし調査した
3年以下の懲役または50万円以下の罰金


上記は一例ですが、このように比較的簡単に調査できるケースでは、「違法行為だと知らなかった」という人が後を絶ちません。
法律を知らずに調査して、パートナーの浮気を暴くつもりが、自分が罪を犯してしまうことも十分にあり得るのです。

パートナーに気付かれずに、法に触れることなく浮気調査することは、非常に困難で根気のいる作業です。

確実な証拠を掴むためには、ぜひ総合探偵社EDITHにご相談ください。

浮気調査は総合探偵社EDITHにご相談ください。

cheating-investigation-gps-005

GPSを使用し、違法にならないように浮気調査する方法を解説しましたが、証拠は掴めそうですか?

  • ✓夫婦共有財産のみGPSの設置が可能
  • ✓パートナーに気付かれるリスクが高い
  • ✓自家用車の位置情報だけでは確実な証拠にはならない
  • ✓違法調査のリスクが高い


このようなリスクがあるため、自家用車だけの位置情報の取得だけで確実な証拠を集めるのはほぼ不可能でしょう。パートナーの浮気が原因で、慰謝料請求や離婚請求するためには、GPSで普段の行動パターンを知り、確実な証拠を掴む必要があります。


福岡県北九州市にある総合探偵社EDIHT(イーディス)では、浮気調査や素行調査・企業調査・行方意調査・ストーカー調査など様々な調査を専門的に行っております。

成功報酬型なので、万が一調査結果が出なかった場合は調査費用の支払いは一切必要ありません。
また、予算や期間に合わせてのプランもご用意しております。

24時間365日、いつでもお気軽にお問い合わせください。


総合探偵社 EDITH(イーディス)

Copyright 2020 edith-office All Rights Reserved.