NEWSお知らせ

浮気しやすい年齢は?2つの調査で明らかになったリスクとは

今回ご紹介する2つの調査で、浮気をしやすい年齢が公表されています。

浮気をするのは移り気な10代や、好奇心旺盛な20代というイメージがありますが、実際にはどの年齢層で浮気率が高いのでしょうか?

今回は2つの調査から浮気をしやすい年齢層と浮気の理由を解説していきます。

20代男性の31.5%は浮気している

どれくらいの男女が、パートナーが居るのに特定・不特定の相手と浮気しているのでしょうか?

相模ゴム工業株式会社が行った調査によると、全体の21.3%の男女が特定・不特定の相手と浮気していると回答しており、そのうち男性は26.9%、女性は16.3%でした。

さらに年齢別に浮気率を調べると、20代男性が31.5%と最も高い浮気率です。

同調査では好奇心旺盛な20代が浮気しやすい年齢ということになりますが、一方でアメリカのニューハンプシャー大学の調査によると、男性では55歳、女性では45歳が最も浮気しやすい年齢という調査結果を発表しました。

調査結果を見ると、一概に「この年齢が浮気をしやすい」とは言い切れないと言えるでしょう。

浮気をする理由とは?

先ほどの2つの調査では、一つは20代が最も浮気をしやすい年齢として、もう一つが45歳と55歳の男女が浮気をしやすいと結論づけています。

ではそもそもどうして人は浮気をするのでしょうか?

先ほどのニューハンプシャー大学の調査によると、女性は生殖能力の面で遺伝子の質的に浮気のメリットが40歳以降に減ります。

男性も45歳を境に精子の質が低下するという年齢差はありますが、男性は女性と違って出産可能年齢があるわけではないので、生殖行為を行うメリットは生涯あり続けます。

浮気は本能に直結した理由の他に、生活がある程度落ち着いたタイミングで息抜きを求めることで起こると同調査ではしており、特に男性は社会的階級に関係なく同じ割合で浮気しやすいと結論づけています。

「もう歳だから」という理由で人は浮気をしないのではなく、年齢関係なくパートナーの浮気というリスクは、私たちの身近に存在していると言えるでしょう。

パートナーの浮気を疑ったら弊社にご相談ください

ここまでお話ししたように、パートナーの年齢に関係なく浮気されるリスクが存在しています。

生活の中で、パートナーに対して違和感を感じたら、怒りに任せて問い詰めるのではなく冷静になることが大切です。

総合探偵社 EDITHは、浮気調査などを行う探偵事務所です。

尾行、張り込み、GPSを利用した調査を行い、裁判で有効となる確実な証拠をリーズナブルな価格で掴むことができます。

ご相談は24時間受け付けておりますので、いつでもお気軽にご相談ください。

Copyright 2020 edith-office All Rights Reserved.