NEWSお知らせ

GPSキーホルダーが浮気調査に使えない理由と対処法

パートナーの浮気が心配になったとき、居場所を知りたいと思ったことはありませんか?

キーホルダータイプの小型GPSなら、パートナーに気付かれずに付けれるのではないか?

こんな風に考えてしまうことは珍しくありません。

しかし、財布や車の鍵につけられる小型GPSは、実際には追跡できないものがほとんどです。

この記事では、キーホルダー型GPSが浮気調査に使えない理由と追跡でも使えるGPSを紹介します。

パートナーの浮気を自分で調べたいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

キーホルダー型GPSの特徴

キーホルダー型のGPSを総称して「追跡タグ」と呼ばれています。

安価で準備でき、バッテリーも優秀。どこにいてもリアルタイムで居場所を確認できれば、そんな心強いことはありません。

しかし、実際はそんなに都合の良いGPSではない理由を解説します。

パートナーのスマホとセットで動く

キーホルダー型GPSの最大の特徴として、以下のことがあげられます。

・スマホのBluetoothとつなげ、スマホのGPSで追跡する
・つなげているスマホとのBluetooth接続が途切れた時点で通知がくる

そのため、セットしてあるスマホとBluetoothがつながらなくなった時点で、居場所が確認できなくなります。

最終的に、スマホと追跡タグとの通信が途切れた時点での居場所までは追跡できますが、そこから先の居場所は確認できません。

キーホルダー型GPSが浮気調査に使えない理由


前項でもお伝えした通り、所持しているスマホとの通信が切れた時点でGPSとしての機能を失います。
追跡タグの目的が「自分の持物をなくさないため」であって、追跡専用ではないからです。

結果として、追跡タグを使うと以下の状況になってしまいます。

・パートナーのスマホにつなげる:あなたが位置情報を確認できない
・あなたのスマホにつなげる:パートナーの追跡ができない

これでは、パートナーの居場所を知ることができませんよね。

「GPS」というと、リアルタイムで追跡してくれる機能で浮気調査にも使えると考えてしまいます。
しかし、実際には紛失防止の機能のみと考えると分かりやすいでしょう。

パートナーを追跡するためのGPSは、以下でご紹介します。

浮気調査には追跡専用GPSを利用する

追跡タグでは浮気しているパートナーの追跡ができませんが、追跡専用GPSを利用すれば、パートナーの居場所の確認ができます。

追跡専用GPSの種類

浮気調査などで使える追跡専用GPSは、以下の2種類に分けられます。

ロガータイプGPS:位置情報の履歴を残せるが、リアルタイムで居場所確認ができない
リアルタイムGPS:履歴を残せる量が少ない(または残せない)が、リアルタイムで位置情報を確認できる

それぞれに対照的な特徴があるため、目的別で使い分けていくことが可能です。

例えば、ロガータイプで普段の行動パターンを把握し、リアルタイムで証拠写真を撮りに行く、というように、上手く使い分ければ確実な証拠を掴める可能性が高くなるでしょう。

安価で設置できる「Tile」

追跡専用GPSとひとことでいっても、3,000円程度で入手できるものから数万円するものまで多岐にわたります。

大まかな位置情報の確認だけで良い場合には、3,000円以下で入手可能なキーホルダー型の「Tile」がお手頃です。

基本的な機能は追跡タグと変わりありませんが、「Tileネットワーク」で追跡範囲が広がることが大きな違いです。

Bluetoothがつながっていなくても、パートナーが持っている追跡タグの近くをTileユーザーが通ることで居場所確認の通知が届きます。

第三者のTileユーザーのBluetoothを拾いますが、インターネットを通じて居場所確認するため、個人情報が洩れる不安もありません。

「近くにTileユーザーがいる」という条件が必要なため、リアルタイムで正確な位置情報の取得はできませんが、予算を抑えたい人に向いています。

超小型GPS「トラッキモ」

超小型で設置のしやすさと、1年分の移動履歴を無制限で残せる「トラッキモ」は、追跡調査におすすめです。

リアルタイムの位置情報に加え、浮気しそうな場所を設定しておけば、出入りしたタイミングで通知がきます。
そのため、GPSで居場所を確認しながら、実際に証拠写真を撮りに行くなどの調査にも向いています。

1万5千円~2万円ほどの費用がかかるため、予算に余裕のある方はトラッキモが良いでしょう。

GPSの種類や詳しい使い方はこちらの記事にまとめています。さらに詳しく知りたい方は参考にしてください。

浮気調査にGPSを使うリスクとは?

パートナーの浮気が原因でGPSを世設置する人は多いですが、使い方を間違えると違法調査やパートナーに訴えられるリスクがあります。

GPSを使用する前に、正しい使い方や違法調査のリスクについて確認しておきましょう。

パートナーに気付かれるリスク

パートナーの浮気を疑ったときに、浮気調査がバレるのはいちばん避けたいことです。

浮気調査がバレてしまえば、これまでの情報は全て隠滅されてしまい、確実な証拠は手に入らなくなってしまいます。

また、違法調査していた場合には、パートナーから訴えられてしまう可能性も考えられます。

離婚請求や慰謝料請求だけでなく、浮気をやめてほしいという要望に対しても、確実な証拠が必要です。

確実な証拠を得るためには、パートナーにバレないよう水面下で動いていきましょう。

違法調査になるリスク

パートナーの持ち物にGPSを設置するためには、違法調査のラインを知っておく必要があります。

簡単に説明すると、以下のように分けられます。

・夫婦共有の持ち物には設置可能
・パートナー個人の持ちも2には設置不可

そのため、夫婦共有の自家用車にはGPSを設置できますが、パートナーの鞄の中や持ち物に忍ばせることはできません。

違法調査してしまえば、簡単に証拠が集まるかもしれません。
しかし、あなたが訴えられてしまう可能性があること、違法調査で得た情報は証拠にならないことを考えると、リスクが大きすぎませんか?

ある程度の情報を得たら、必要な証拠はプロの探偵に依頼すれば安心です。

浮気調査は総合探偵社EDITHにご相談ください

キーホルダー型のGPSでは浮気調査ができないため、追跡調査で使えるGPSを紹介しました。


GPSを使った浮気調査では、違法調査やパートナーに気付かれてしまうリスクはできるだけ減らしておくと良いでしょう。

必要に応じて必要な部分だけをプロに依頼すれば、調査費用も大幅にカットでき、確実な証拠を手に入れることが可能です。

福岡県北九州市にある総合探偵社EDIHT(イーディス)では、浮気調査や素行調査・企業調査・行方意調査・ストーカー調査など様々な調査を専門的に行っております。

成功報酬型なので、万が一調査結果が出なかった場合は調査費用の支払いは一切必要ありません。
また、予算や期間に合わせてのプランもご用意しております。

24時間365日、いつでもお気軽にお問い合わせください。


総合探偵社 EDITH(イーディス)

Copyright 2020 edith-office All Rights Reserved.