NEWSお知らせ

iPhoneの位置情報サービスで浮気調査する方法とリスクを解説します

「iPhoneを見える場所に置かなくなった」
「陰で誰かと連絡を取っている」

パートナーの行動を不審に感じたことはありませんか?
もしかしたらそれは、浮気しているサインかもしれません。

そんなときには、すぐに問い詰めたりせず、パートナーに気付かれないうちに確実な証拠を集めておきたいところです。

そこで今回は、iPhoneの位置情報サービスを使って、パートナーの浮気を調査する方法について解説します。

パートナーの不審な行動が気になっている人はぜひ参考にしてください。

iPhoneの位置情報サービスから行動履歴を調べる方法

iPhoneには、元々備わっている「位置情報サービス」という機能があります。

この機能では、「利用頻度の高い場所」というフォルダがあり、過去50日間に訪れた場所の履歴が残されています。

この移動履歴が残る機能はあまり知られていませんが、初期設定では「オン」になっていいるため、自分でオフに設定しなければ自動的に履歴が残される状態になっています。

移動履歴を調べる方法

「利用頻度の高い場所」の確認は、iPhoneの設定画面から入ります。

プライバシーをタップします


いちばん上の「位置情報サービス」をタップします。


いちばん下までスクロールし「システムサービス」をタップします。


さらに下に進み、「利用頻度の高い場所」をタップします。


パスコードの入力を求められます。iPhoneを開くときと同じパスコードを入力してください。

この画面を開けば、iPhoneが過去50日間どのような場所に滞在していたかが分かります。

しかし、位置情報の履歴で浮気がほぼ確定だったとしても、決定的な証拠がなければ言い逃れされてしまう可能性が非常に高いです。

確実な証拠を掴むためには、まだこの段階では問い詰めないように注意しましょう。


iPhoneを使って浮気調査する方法

パートナーの浮気が怪しいときには、iPhoneを利用して調査することもできます。
ここでは、見落としがちな隠れた部分を調べる方法を紹介します。

LINEの非表示リストを確認する

LINEは、ほとんどのスマホユーザーが利用している連絡ツールです。
表向きは連絡をとったり無料通話、SNSとして日常をアップするなど色々な利用方法があります。

その中でも実は、「非表示リスト」という浮気にぴったりな機能も備わっています。

LINEを開き、ホーム画面から設定に入ります。


「友達」をタップします。


非表示リストが表示されました。



必要ない相手であればブロックで良いはずなのに「非表示」に入っているのは、何かやましいことがあるからなのかもしれません。

写真の非表示フォルダを確認する

iPhoneの「写真」アプリでは、これまで撮影やダウンロードしてきた画像や動画が全て記録されています。

「浮気しているのは分かっているのに、何も出てこない…」

そんなとき、浮気相手との写真は、「非表示フォルダ」に隠されているかもしれませんね。

写真アプリを開き「アルバム」をタップします。


いちばん下までスクロールすると「非表示」のフォルダが出てきます。



ここに写真が隠されていれば、見られてはいけない写真があると思って良いでしょう。

予測変換を確認する

浮気している人がiPhoneで見落としがちなのが「予測変換」です。

予測変換とは、iPhoneのAIがしっかり学んで、ユーザーが良く使う単語を一文字入れただけで予測してくれる機能です。ここから浮気が分かることも珍しくありません。

例えば、浮気相手の名前が出てきたり、「あ」と入れると「愛してる」などと予測されるのであれば、誰かに愛してると送信していることが考えられます。

もちろん、夫婦間でそのようなやり取りがある場合には浮気とはいえませんが、夫婦間で普段やり取りしないような恋人同士の言葉があれば黒に近い可能性は捨てきれません。

予測変換だけでは浮気の証拠にはなりませんが、浮気の有無や浮気相手の情報が見つけられるかもしれませんね。

このアプリが入っていたら要注意!

浮気調査をしていると、たくさんの人のスマホを見る機会があります。

LINEや電話番号で証拠を見つけられなかったといって、確実に「浮気していない」ということではありません。

もしかしたら、パートナーに見られる危険性のあるアプリは使わずに、見られても何のアプリか分からないような珍しいものを使っている可能性もあるのです。

LINE感覚で連絡を取り合えるのがこちらのアプリです。

「Kakao talk カカオトーク」


「Viver バイバー」


「WhatsApp ワッツアップ」


すべて、浮気相手と連絡をとるためのツールと考えて良いでしょう。

代表的な上記3つ以外でも、最近ではツイッターインスタグラムのDMでやり取りしている人も増えてきています。

さらに、浮気相手が仕事関係の場合に多いのが、メールやチャットワーク、スカイプなどの連絡ツールです。

連絡の取れるツールは、全て確認しておくと良いでしょう。

もちろん、マッチングアプリが入っていれば、浮気していなくても浮気するつもりがあると考えて良さそうです。

パートナーに見られてはいけないアプリのアイコンは、隠している可能性があります。
設定画面を開き、下にスクロールしてiPhone内のアプリを全てチェックしておくことをおすすめします。

iPhoneで浮気調査するときの注意点

パートナーのiPhoneの、位置情報やアプリを使って浮気調査する方法を解説してきましたが、パートナーのiPhoneを調べるのは簡単なことではありません。

注意すべき点を詳しく解説していきます。

ロック解除の必要がある

iPhone端末を開くためには、4桁~6桁のパスコードや指紋認証、顔認証など様々ですが、ロック解除の必要があります。アプリごとにパスワードがかかっている可能性もあるでしょう。

何度も解除に失敗すると一定時間、iPhoneの操作ができなくなってしまうなど、パートナーに気付かれてしまうリスクも出てきます。

以前は4桁のパスワードで開くことができましたが、iPhoneのセキュリティもどんどん進化しているため、解除のハードルも高くなっています。

事前に心当たりのあるロック解除ナンバーを準備しておくと良いでしょう。

パートナーとの信頼関係が崩れる

パートナーが浮気をしていた時点で、あなたから見たら信頼関係はすでに失っているかもしれませんが、相手はそうではありません。

パートナーのスマホを無断で見ていたとなれば、相手からの信頼関係が一気に崩れてしまいます。

浮気調査するうえで、パートナーに気付かれてしまうことが最大のリスクです。

浮気調査を成功させるためにも、ロック解除している形跡を残さないようにしてくださいね。

違法行為にならないように注意する

パートナーのスマホを利用し、自由に調査できるのであれば、浮気の証拠を掴むことも簡単にできます。

しかし、ほとんどのケースで違法・またはグレーな部分が大きいため、自分の身を守るためにはルールを守って調査していく必要があります。

例えば、パートナーのiPhoneに無断でGPSアプリを入れたらNGなのはご存知の方も多いと思いますが、それ以前にパートナーのスマホを無断でロック解除した場合には「不正アクセス禁止法」になる可能性があります。

万が一訴えられてしまった場合には、罰金や懲役を科せられる可能性があるため、パートナーのiPhoneを無断で調査することはリスクの高い方法といえるでしょう。

浮気調査は総合探偵社EDITHにご相談ください

福岡県北九州市にある総合探偵社EDIHT(イーディス)では、浮気調査や素行調査・企業調査・行方意調査・ストーカー調査など様々な調査を専門的に行っております。

成功報酬型なので、万が一調査結果が出なかった場合は調査費用の支払いは一切必要ありません。
また、予算や期間に合わせてのプランもご用意しております。

24時間365日、いつでもお気軽にお問い合わせください。

総合探偵社 EDITH(イーディス)

Copyright 2020 edith-office All Rights Reserved.